トップ

美容ケアの節約術

美容をしながら節約をする

美容と節約の情報

新着情報

美容に関してかかる経費 

若い頃はお金の自由があり高い化粧品を使っていましたが、若い時は何を使ってもお肌はいい状態。トラブルを感じるのは30代以降から。結婚して子供がいれば、自分の事が後回しになり気がつけば老齢化を実感。でも教育費にかかるようになるとまた後回しになりがちです。化粧品を洗顔から美容液までトータルで揃えた場合、3万ぐらいかかるメーカーを私は高いと思います。1万円で抑えることも5万円まで出せる方も、それが2~3ヶ月分だと年間4万~20万の差が出ます。そこをトライアル商品で繋いだり、安い化粧品で年間1万円に抑えることも可能。殆ど化粧品にかけない方もいらっしゃいます。基礎化粧品だけでなくメイク、サプリメント、エステ、普段の食事から美容にかかる経費を、節約していても綺麗な方もいる。外見よりも内面を磨くことも重要。

美容代の節約の方法について 

美容院に行くとカットやらなにやらで1万円程度を必ず支払う必要があり、大きな出費になります。特に女性の場合は何かあるたびに切ってもらっていたのではお金が出ていくばかりです。そこで活用したいのがすきばさみです。ヘアスタイルは毛先をすくだけでもずいぶんと軽く見えるものですし、毛流れも作りやすくなります。すきばさみは安いものであれば100円均一で売っているようなものですので、ひとつ購入すれば随分と節約になります。基本的に男女兼用ですので、女性の美容のほか、男性に散髪にも使用可能です。手入れをすれば、数年は使用可能です。

花束

© Copyright 美容をしながら節約をする. All rights reserved.